自然災害対策セミナー2019

~レジリエンスを高め、次の災害に備える~

自然災害が頻発、多様化する昨今、企業・組織の災害対策は単一事象ごとの対策を実施するだけではなく、複合的な災害を意識した、より柔軟な対応を講じなければなりません。
本セミナーでは、基調講演に名古屋工業大学教授の渡辺研司氏を招き、災害対応力の柔軟性、戦略的地域内連係など、レジリエンス強化のポイントについて、ご講演いただきます。第一部では株式会社竹中工務店の片桐岳氏より、最新VR技術を活用した防災トレーニングについて、ご講演いただきます。
組織の防災力とモチベーション向上に資する有益な情報を提供しますので、ぜひご参加ください。

セミナーの開催概要

日時 2019年2月22日(金) 13:30~16:30(13:00受付開始)  
場所
東京都 東京都千代田区神田駿河台3-11-1
※TKPガーデンシティ御茶ノ水は三井住友海上新館ビル内にございます。
 本館とお間違えのないよう、ご注意願います。

JR線 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩5分
地下鉄千代田線 新御茶ノ水駅 B3b出口 徒歩30秒
地下鉄都営新宿線 小川町駅 B3出口 徒歩2分
地下鉄丸の内線 淡路町駅 B3出口 徒歩2分
主催 三井住友海上火災保険株式会社 MS&ADインターリスク総研株式会社 
共催
協賛
講演者 【基調講演】「多様化・広域化する自然災害へのレジリエンス強化の重要性」
講師 : 名古屋工業大学 教授 渡辺 研司 氏

【第1部】「自然災害に対応するためのVRトレーニング」
講師 : 株式会社竹中工務店 片桐 岳 氏

【第2部】「地震時における事業継続のための建物緊急点検の重要性」
講師 : MS&ADインターリスク総研株式会社 リスクマネジメント第一部 災害リスクグループ 鈴木 恭平

※講演内容については一部変更する可能性があります。 
参加費 参加費無料 
定員 150名 
対象 経営者、経営企画、総務、リスク管理、施設管理部門の責任者・担当者等、自然災害リスクの対策にご関心のある事業法人、金融機関、研究者等 
プログラム ご案内状はこちら(PDF:964KB)   
申込方法 事前登録制
→ WEB画面でのお申込は以下の「申込」ボタンよりお申込ください。
→ FAXでのお申込はご案内状の2枚目の申込書をご利用ください。
※お申込みは先着順で、定員に達し次第受付締切といたします。
※同業他社のお申込は、受講票発行の有無にかかわらず後日お断りする場合があります。
※多数のご参加が予想されますので、お申込みは1社につき3名までとさせていただきます。 

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

MS&ADインターリスク総研株式会社 リスクマネジメント第一部 災害リスクグループ 長島・篠塚
tel.03-5296-8917 fax.03-5296-8942
https://www.irric.co.jp/
ページの先頭へ戻る