道路交通安全セミナー 「様々な交通場面における高齢者の行動特性に基づいた安全運転取組みの進め方」

 平成29年の交通事故死者数は3,694人と、昭和23年以降で最も少なくなりましたが、死者数全体のうち高齢者が占める割合は上昇傾向にあり、平成28年は54.7%と高く、75歳以上の運転者の死亡事故件数は、75歳未満の運転者と比較して、免許人口10万人当たりの件数が2倍以上多く発生しています。
 従業員の定年延長など運転者の高齢化も予想される中、自動車を業務で使用する企業においても、今後、高齢者の特性を踏まえた安全運転の取組みを進めることが、交通事故防止の重要な要素となり、企業を守ることになります。
 本セミナーでは、様々な交通場面における高齢者の行動特性や身体的な要因について考察し、企業として進める安全運転への取組みについて、提言いたします。
 第一部は、公益財団法人 交通事故総合分析センター 研究部研究第一課の小菅英恵氏を講師に招き、戦略的安全管理の視点から、高齢期の自動車交通事故とヒューマンエラーの防止についてご講演いただきます。
 第二部は、MS&ADインターリスク総研株式会社より、加齢に伴う認知機能低下に着目し、運転に関する法令や取組みを交えながら認知改善ツールや交通安全教育の進め方についてご紹介いたします。
 最後に、新たな安全運転取組支援サービスとして「高齢運転者安全運転診断サービス」をご紹介いたします。
皆さまの事業におけるリスクマネジメントの一環として、本セミナーをご活用いただければ幸いです。

セミナーの開催概要

日時 2019年1月21日(月)13:30~16:30(13:00開場)  
場所
東京都 千代田区神田駿河台4-3 新御茶ノ水ビルディング2F
JR中央線 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅 徒歩4分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水 B1出口直結
主催
共催 MS&ADインターリスク総研株式会社・三井住友海上火災保険株式会社
協賛
講演者 【第一部】 高齢期の自動車交通事故とヒューマンエラーの防止
       ~戦略的安全管理の視点から~
       公益財団法人 交通事故総合分析センター 研究部研究第一課
        研究員 小菅 英恵氏

【第二部】 認知機能低下による交通事故の防止を考える
       MS&ADインターリスク総研株式会社 リスクマネジメント第二部
        交通リスク第一グループ 主任コンサルタント 渡辺 光彦
       <安全運転取組支援の新たなサービスのご紹介>
        「高齢運転者安全運転診断サービス」の紹介
       MS&ADインターリスク総研株式会社 リスクマネジメント第二部
        交通リスク第一グループ マネジャー上席コンサルタント 中井 大介 
参加費 参加費無料 
定員 100名(1社3名限り) 
対象 主に一般企業の経営者・管理者の方 ※経営者(社長等)、取締役、安全統括管理者、運行管理者、安全運転管理者その他安全管理に係る部門に所属の方 
プログラム ご案内状はこちら(PDF:333KB)   
申込方法 事前登録制
→ WEB画面でのお申込は以下の「申込」ボタンよりお申込ください。
→ FAXでのお申込はご案内状の最終頁の参加申込書(兼)当日参加票をご利用ください。
※お申込みは先着順で、定員に達し次第受付締切といたします。
※同業他社のお申込は、受講票発行の有無にかかわらず後日お断りする場合があります。
 また、ご参加者には弊社アンケートにご協力お願い致します。
 

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

MS&ADインターリスク総研株式会社 リスクマネジメント第二部 交通リスク第一グループ 甲斐・沖
tel.03-5296-8916 fax.03-5296-8942
http://www.irric.co.jp/
ページの先頭へ戻る