企業主導型保育事業とリスクマネジメントのポイント

 仕事と子育てとの両立に資することを目的とし、企業主導型保育事業(以下、本事業)は企業主導型の事業所内保育事業を主軸として、多様な就労形態に対応する保育サービスの拡大を行っています。本事業により、一層の保育の受け皿整備を行う狙いがあります。なお、教育・保育施設等における重大事故の再発防止策に関しては、2015年度に①重大事故が発生した場合の報告の仕組み、②事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン、③事故の再発防止のための事後的な検証の仕組みが示されました。さらに、2016年度には独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)が運営する災害共済給付制度の対象に本事業を行う施設が追加されました。保育の分野においてもリスクマネジメントの視点が大変重要視されています。
 これらを踏まえ、本セミナーでは内閣府および本事業の助成団体である公益財団法人児童育成協会の方を講師としてお招きし、今後の方針や施策等についてご講演頂くとともに、保育施設おけるリスクマネジメントのポイントや企業の事例等をご紹介します。是非この機会にご参加ください。

セミナーの開催概要

日時 2017年7月10日(月)13:30~16:30(13:00受付開始)  
場所
東京都 千代田区神田駿河台三丁目11-1
JR 御茶ノ水駅 聖橋出口 徒歩4分
東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅 1出口 徒歩6分
都営新宿線 小川町(東京都)駅 B3b出口 直結
東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅 B3b出口 直結
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B3b出口 直結
主催 三井住友海上火災保険株式会社、株式会社インターリスク総研 
共催 公益財団法人児童育成協会
協賛
講演者 ※セミナー内容については予告なしに一部変更する可能性があります。

<特別講演>
 ○企業主導型保育事業について(仮)
  (内閣府 子ども・子育て本部   ご担当者様)
 ○企業主導型保育施設の安全・安心な運営について(仮)
  (公益財団法人児童育成協会 両立支援事業部 部長 捧智宏氏)
<RM>
 ○リスクマネジメントと企業実例紹介
  (株式会社インターリスク総研 
   リスクマネジメント第三部 事業継続マネジメントグループ 主任研究員 依田麻衣子)
 ○感染症、アレルギー対応事例
  (同上 看護師・テクニカルアドバイザー 紙谷あゆ美) 
参加費 参加費無料 
定員 100名 満席
対象  
プログラム ご案内状はこちら(PDF:899KB)   
申込方法 事前登録制
→ WEB画面でのお申込は以下の「申込」ボタンよりお申込ください。
→ FAXでのお申込はご案内状の2枚目の申込書をご利用ください。
※お申込みは先着順で、定員に達し次第受付締切といたします。
※お申込みは1法人あたり原則2名様までとさせていただきます。
 そのため、1法人あたり3名以上のお申込みがあった場合は調整をお願いすることがあります。
※同業他社のお申込は、受講票発行の有無にかかわらず後日お断りする場合があります。  

お申込多数のため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

株式会社インターリスク総研 リスクマネジメント第三部 事業継続マネジメントグループ 依田(よだ)・西村
tel.03-5296-8918 fax.03-5296-8941
http://www.irric.co.jp/
ページの先頭へ戻る