企業が語るいきものがたり Part10 サスティナブルな未来のために企業が果たす生物多様性保全 ~COP13から2020, そして2030年を見据え~

【開催の趣旨】
三井住友海上が主催する本シンポジウムは、企業が生物多様性の取組みを推進していくための機会として、2007年から毎年開催し、ご好評いただいております。
本シンポジウムを開始した2007年当時と比べ、生物多様性をめぐる国際情勢は大きく変化しています。加えて愛知目標のターゲットイヤーであり、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けては、生物多様性の保全を図りつつ新たな価値を創造することが求められています。そこで10回目となる今回は、SDGs、自然資本など最新の動向とCOP13の成果と課題等を踏まえ、2020年とそのその10年後の2030年も見据えて、生物多様性の保全において企業が果たすべき役割や期待される行動について考えていきます。また分科会では、企業のご担当者様にとって関心の高い、「次世代の価値を創造する自然資本」、「グリーンエコノミーを支える都市のあり方」、「グリーンレジリエンス」の3つのテーマについて、参加者の皆さまと一緒に考えていきます。本シンポジウムが企業の皆さまのお役に立てれば幸いです。

セミナーの開催概要

日時 2017年3月7日(火)13:30~17:30(開場13:00)  申込締切2017年2月27日(月)
場所
東京都 千代田区神田駿河台3-9
◆JR中央線・総武線 御茶ノ水駅 聖橋口より徒歩5分
◆都営地下鉄新宿線 小川町駅
◆東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅
◆東京メトロ丸の内線 淡路町駅
B3bより徒歩2分

主催 三井住友海上火災保険株式会社
後援 環境省、東京都、千代田区、経団連自然保護協議会
特別協力 一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)、株式会社インターリスク総研
講演者 主催者代表挨拶(13:30~13:40)三井住友海上火災保険株式会社 シニアアドバイザー 秦 喜秋

第一部(13:40~14:55)
 行政、経営トップの立場から、生物多様性保全と新たな価値創造に向けた取り組みについて
 ●行政の立場から
   ・COP13の成果・課題も踏まえ、行政としてどう取り組み、企業に何を期待するか
                              (環境省 自然環境計画課長 奥田直久氏)
 ●企業の経営の立場から
   ・都市開発の観点も含めた土地利用について (森ビル 副社長 森浩生氏)
   ・持続可能な原材料調達等について      (花王 執行役員 田中秀輝氏)

第二部(15:10~16:40)
 個別テーマごとにパネルディスカッション方式で分科会を行います。関心ある分科会にご参加ください。

 【分科会1】
 テーマ:次世代の価値を創造する自然資本
 コーディネーター:レスポンスアビリティ 足立 直樹氏
 内容:自然資本を上手に活用し、単なる原材料の提供にとどまらない、新しい価値をいかにして創り出すことができるかを議論します。


 【分科会2】
 テーマ:グリーンエコノミーを支える都市のあり方
 コーディネーター:ヴォンエルフ 平松 宏城氏
 内容:自然資本の保全と循環型経済の実現により、都市の価値を向上させる世界的な競争の中で、日本と東京がいかにしてそれを実践・発信すべきかを議論します。

 【分科会3】
 テーマ:グリーンレジリエンス
 コーディネーター:インターリスク総研 原口 真氏
 内容:グリーンレジリエンスを社会に実装し、安心・安全で持続可能な地域づくりを推進するための「産官学金労言」の連携について議論します。

第三部(16:55~17:30)
 ●分科会まとめ
  コーディネーター:株式会社レスポンスアビリティ 代表取締役 足立 直樹氏
  パネリスト:各分科会コーディネーター  
参加費 無料 
定員 200名 
対象 企業のCSR・環境部門、事業部門、調達部門、総務・不動産部門の方など 生物多様性に関係した活動をされている企業・NGO・NPO・行政の方 生物多様性に興味を持たれている一般の方 
プログラム 開催案内はこちら(PDF:424KB)   
申込方法 事前登録制
→ WEB画面でのお申込は以下の「申込」ボタンよりお申込ください。 

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

三井住友海上火災保険株式会社 総務部・地球環境社会貢献室 (担当:秋葉、唐澤)
TEL:03-5117-0202 
E-MAIL : kankyokoken@ms-ins.net
※お申込みが定員(200名)を超過した場合は先着順とさせていただきます。
※第二部では会場などの都合でご希望の分科会に参加できない場合もございます。予めご了承願います。
ページの先頭へ戻る